サロン経営個別相談事例

サロンオーナーは皆悩んでいる

サロンオーナーは皆悩んでいる

自分自身を見つめなおすことが繁盛サロンへの第一歩

私天笠の個別サポート(コンサル)を受ける際はお会いする前にヒアリングシートを記入してもらいます。

ヒアリングシートはオーナーやサロンの情報、現在行っている集客方法などお聞きする質問項目があります。

ホームページをお持ちの方は事前に構造やSEO対策状況をこちらで調べ、お会いしたときに集客につながるHPに変更できるようアドバイスしています。

ただ、このヒアリングシートで私が一番知りたいこと、大事にしていることは
サロンオーナーの想いです。

実際のヒアリングシートは以下のような質問になっています。

 

達成したいこと、一番悩んでいること、解決したいこと、悶々としていることを具体的に書いてください。→個別サポートを受ける理由

※じっくり考えることでご自身の頭の中を整理することが大事です。
※目標が明確な場合はやり方がわからないのだと思います。何がわからないのかを教えて下さい。

普段自分自身をゆっくりと見つめ直すことはサロンオーナーに限らずなかなかありません。

ですのでこのヒアリングを1つのきっかけにしてほしいと思っています。

あるサロンオーナーの想い

2016092402

あるサロンオーナーからの回答に私はとても胸が熱くなりました。

すごく正直に自分の想いを書いてくれました。

ただ、この想いは決してこのオーナーだけではないです。

多くの個人サロンオーナーが思っていることではないかと感じています。

ですのでこの想いをあなたシェアーしたくオーナーにご許可いただきました。

原文のまま紹介します。

 

年内に手ごたえを感じたい。

見込客を増やしたい。

ホームページからの予約を増やしたい。

ホームページをご覧いただいたお客様の予約がほしい。

集客はホームページでまかないたい。

具体的に何をして良いのか解らない。

何から手を付けて良いのか解らない。

業務の優先がつけられない。お客様の気持ちが解らない。

どうすればお客様に感動していただけるのか解らない。

こうすればいい!という確信がほしい。

その術が解らない。考え方が解らない。

経営の考え方が知りたい。

どうすれば気付くのか、改めようと思うのか。

サロン勤務のエステティシャンから個人サロンのオーナーになり、エステのコンサルティングをされている方と私のように何十年もエステティシャンをしているのにいまだにお先真っ暗で、毎月の支払いにびくびくし、途方に暮れているのは何が違うのでしょう?

厳しさ? 情熱? 志し? お客様を思う気持ち?

涙がでてきそうです。この年になってもまだ軌道に乗らなくていつまでこの状態が続くのか、もう限界です。

自分が蒔いた種とはいえ、もうなす術もありません。

いっそのこと、タンポポみたいにどこかに飛んでいってしまいたいですが今の季節、どこにもタンポポは咲いていません。

だからやはり、踏み止まるしかないと思います。

今までだって数々の試練を乗り越えて、まだこうしてエステの仕事に携わっているのですからこれは何回目かの試練だと思って乗り越えたいと思います。

必ず乗り越えます。

私は自分に自信があるから開業したのです。

組織に左右されず、お客様目線で、私だったらこんなエステに行きたいというサロンをつくりたいのです。

やり方が間違ってしまいましたが、まだ、軌道修正はできます。

天笠様に出会い、これから本当の経営ができるようになり迷いや不安がなく、安心してエステを続けられることを信じています。

今年 2 月にオープンし他のコンサルタントのメルマガや書物等で試行錯誤していましたが、全くらちが明かず、エステを専門にしているコーチが必要だと痛感しました。

 

悶々するのはあたりまえ

サロンオーナーは皆悩んでいる

オーナーだろうがスタッフだろうがどんな仕事をしていたって悶々とするときは必ずあります。

悶々しているときの辛さ。私は誰よりも理解できる自信があります。

なぜか?それは私自身が長い期間が悶々としていたことが過去にあるからです。

悶々としていた・・・・なんて軽い言葉では言い表わせません。

「悶々している自分自身と常に戦っていた」という表現のほうが正しいでしょう。

ただ、あることがきっかけで私はその悶々地獄から抜け出すことができました。

だから私は「悶々と戦うオーナー」の手助けをしたいと思っています。

 

その悶々とした気持ちをぶつけてください。

最後に

○○さん、想いをシェアーさせていただき本当にありがとうございます。

○○さんは大丈夫です。必ずうまくいきます!

一緒に頑張っていきましょうね!!


個別相談申込
関連記事も合わせてお読みください