サロン経営個別相談事例

エステサロン個別経営・開業相談事例 金井裕子様(仮名)その2

エステサロン個別経営・開業相談事例 金井裕子様(仮名)その2

エステサロンオーナー初回個人面談とは

初回の個別面談は事前に提出頂いた[サロン状況確認シート]をもとに行います。
サロンの状況を詳しく把握するために2時間30分時間をいただいております。

またお会いする前にホームページやブログをお持ちのサロンであれば事前に確認しています。
確認する内容はメニュー等ページ内容はもちろんですが、ホームページの構造(検索順位があがるような構造になっているか)、実際の検索順位はどのようになっているかなどを確認しております。

これはホームページやブログを制作しているだけで新規集客に役にたっていないことが非常に多いからです。これらの事前準備も費用に含まれておりますし、事前にこちらが準備をしていくことで無駄な時間を使用せずアドバイスを受けられるメリットがあります。

金井様は状況シートにしっかりご自身で経営に対する思いを書いてくださっていたので意識の高い人だと感じていましたが、実際お会いしてその通りのサロンオーナーでした。

やる気はあるが経営として具体的に何をすればいいのかがわからない。エステサロンを開業して殆どの人が感じる思いを金井様もお持ちでした。

ただ、金井様はご自身で
「やることさえ具体的に教えてくれれば私は必ずやります!」と強い気持ちをお持ちでした。
わたし自身もそんな金井様の想いに応えたいと気合が入ったのです!!

目標に対して達成イメージを持つことが大切

金井様の半年後、1年後の売上目標ですが、現在の売上実績とはまだ差があります。
ただ、経営に必要なことをこと優先的にしっかり行っていけばその数字も必ず達成できます。

一つ重要なことは、売上目標を掲げるだけでは達成できないということです。
多くのエステサロンオーナーが

「売上目標50万」
「売上目標80万」
「売上目標100万」

というように売上目標を設定しているだけなんですね。

「売上目標」を掲げることが何が悪いの?
と思われるかも知れません。

もちろん売上目標を掲げることはとても良いことです。
しかし、単に売上目標をかがげるだけではその目標を達成することはできません。

ではどうすればよいのか?
それは売上目標を達成できる「イメージ」を持つことです。

「イメージ?」

そうイメージです。
イメージがないと達成できません。

例えばあなたが何か習い事をはじめたとき、「◯◯◯みたいになれたらいいな・・・」
なんてイメージしたことがあると思います。それと同じです。

私は趣味でキックボクシングをやっています。ジムに初めて行った時上手な人がたくさんいて、

「自分もあんな風になれるのかな・・・」
という想いがありました。

「本当にあんな風に蹴れるようになるの?」なんて不安もあるのですが心の中には
「頑張ってあんな風にうまくなりたい!」とイメージしているのです。

イメージしていることに対して努力する。努力していてそのイメージに近づいていくことが楽しい。そしてレベルをあげて新たなイメージをする。

お陰さまで入会した当初イメージしたことは達成。途中さらにイメージを上げる事で試合にも出場できるようになりました。すべての始まりはイメージです。方法論は後なんです。

エステサロン経営も同じです。イメージできないと到達できないのですね。

私の面談の強みはこの達成イメージをもってもらうための数多くの事例を持っていることです。

・自宅サロンを開業し安定した売上を上げているオーナー
・自宅サロンで開業、その後マンションに移転安定しお一人で安定して100万以上の売上を達成している
・お一人で260万の売上を達成。
・自宅で開業しその後4店舗運営。
・異業種で成功されエステ業界に進出してきた男性オーナー

等々事例の数は数限りません。

ポイントは

・事例は抽象的ではなく、売上数字として具体的に表示できる
・自宅サロンで開業した人から、サロンを複数店舗経営している人まで多くの事例を持っている
・できない人の気持ちを理解している
・人には潜在能力があり、今できない理由はその潜在能力が開花されていないか、習っていないだけ
・それでもできない人は単に行動しない、時間やお金を投資しないだけ
・事例は古いものではなく、今の時代に適応した事例を抱えている

金井さんの表情を見ていると自分の掲げている目標に対し「達成できるかも!」「達成したい!」と更に強い思いをしているように見えました。

あとはその気持を継続できるか。たったそれだけなんです。

エステサロン経営の全体像を知ることが成功への第一歩

ご自身の掲げた目標が達成できることイメージしてもらった後にお伝えすることは、その目標を達成するために何をすればよいかということです。

「集客?」
「技術?」
「カウンセリング?」
「おもてなし?」

これすべて大事ですよね。

つまり、エステサロン経営を成功させるための全体像を理解することが非常に重要になります。
多くのエステサロンオーナーが

「私が成功できないのはカウンセリングが下手だから」
「技術さえうまくなればきっとサロン経営は上手く行くはず」
「集客さえできれば・・・」

という思いで仕事をしています。

その想いはよくわかりますが、エステサロン経営を成功させるための経営の全体像を知らずに闇雲に感覚でそれぞれのスキルをアップさせても成功することは非常に難しいです。

金井様の場合「集客力」が不足していると認識しています。それは正しい。

しかし、ここで「集客方法」だけを学び実践しても、一時的にお客様の数は増えるかも知れません。ただ継続的な成功は厳しいと思います。

ですので、初回の面談では弊社がオリジナルで制作しているノウハウ「成功するためのエステサロン経営とは」を初回に説明します。
金井様のこの説明で全体像が見えたと大変喜んでいただきました。

成功するためのエステサロン経営とは

ただ「エステサロン経営とは」は一度聞いただけではなんとなく理解することはできますが、それを常に意識しながら行動に結びつけることが非常に重要です。

私からのすべてのアドバイスは「エステサロン経営とは」に結びつけた話をすることで、相談者は理解していきます。

そしてそれが腹の底に落ちた時成功のスピードが飛躍的にアップするのです。


個別相談申込
関連記事も合わせてお読みください
エステサロン経営・サロンオーナー個別サポート実施中