繁盛サロンの作り方

Blog

ホームページにたどり着くまでの5つのステップを知ると集客できる

ホームページにたどり着くまでの5つのステップを知ると集客できる

前回の記事(ホームページ集客・活用コラムNo1)

[ホームページで集客を目指すとき知っておくべき重要な2つのポイント]

ではあなたのホームページをまだ見ぬお客さまに見つけてもらうためには

1.広告
2.検索
※リンクは除く

この2つしか方法がないということを伝えましたね?

決めましたか?どちらを使ってホームページで集客するかを?

広告?検索?両方?

サロンオーナーは決断しないといけません。

悩んでいるならばこう考えましょう。

・広告はお金がかかる。
・検索はお金はかからないが手間がかかる
※SEO業者と契約すれば費用はかかります。手間を外注するという方法もあります

お金をかけるか、手間(愛情)をかけるかしか方法はありません。

広告にもお金がかけられない。

手間もかけられない(外注もかけられない)

もしそう思っているならばホームページで集客は厳しいです。

ホームページだけでないですね。集客すること自体厳しいです。

ある男性が[彼女が欲しい!!]と思っているのに家で引きこもっていたら彼女できませんよね?

それと同じです。

検索で[まだ見ぬお客さま]にホームページにたどりついてもらう方法

ホームページにたどり着くまでの5つのステップを知ると集客できる

 

個人サロンの多くが希望している[検索]でたどり着いてもらう方法を最初にお伝えします。

検索であなたのホームページにたどり着いてもらうための方法を考えるときに一番大切なのは、その人がどういった行動をとっているのかを理解することです。

あなたを事例に考えてみましょう!

今あなたがこのコラムを読んでいるということは、以下のような行動をとったのではありませんか?

1.あなたは何か情報を必要とし
 →エステ経営に悩んでいる?開業を考えている?集客について情報が欲しい?

2.必要としている情報をキーワードとして頭で思い浮かべ
 →[エステ 経営 成功 方法?][自宅サロン 開業 方法?]

3.PC・スマホ・タブレットの検索入力画面にキーワードを入力し
 →グーグル・ヤフーの検索窓に[エステ 経営 成功 方法]と入力

4.検索結果に出てきたタイトルと説明文を見て

5.自分に必要だと思ってクリックした

その結果弊社のホームページにたどり着いた。

こんな感じではないでしょうか?

これが検索をしてホームページにたどり着くまでの一連の人の行動です。

ここであなたが知っておくべきこともう1つは

この時点ではホームページにたどり着いただけで中身はまだ読んでいない。

 


前回の記事の冒頭でも書いたように

ホームページで集客するためには

1.あなたのホームページにたどり着ついてもらうための対策
2.ホームページを読んでもらい、予約をもらう対策

この2つをやる必要があるとお伝えしました。

今お伝えしているのは[1]の部分。

たどり着いてもらわなければ何も始まらない。

たどり着いてもううためにあなたがしなけばいけないことを考える必要があるのです。

これを常に頭に入れておいて下さい。

どんな人にたどり着いてもらいたかを考える(ターゲット)

ホームページにたどり着くまでの5つのステップを知ると集客できる

 

では次に1~5のステップをあなたのサロンのまだ見ぬお客さまに置き換えて考えてみましょう。

1.まだ見ぬお客さまは何か情報を必要とし

2.必要としている情報をキーワードとして頭で思い浮かべ

3.PC・スマホ・タブレットの検索入力画面にキーワードを入力し

4.検索結果に出てきたタイトルと説明文を見て

5.自分に必要だと思ってクリックした

この1~5のステップについて準備していくことがホームページ集客の第一歩です。

ではまずステップ1を準備していきましょう!

ステップ1:まだ見ぬお客さまとはどんな人?

あなたはホームページに訪れてほしい人を真剣に考えたことがありますか?

例えば弊社の場合

・エステサロンを経営しているひと

・これからエステ開業したいと思っている人

・経営に対して悩んでいる人

・もっと経営を良くしたい人

・ホームページを使って集客したい人

・他のサロンの成功事例を知りたい人

・一人で悩んでいて誰かに相談したい人

・とにかくモヤモヤしている人

等々ですよね。

ではあなたにとって[まだ見ぬお客さまとはどんな人]でしょうか?

この”どんな人”という考え方が[ターゲットを決める]といいます。

マーケティング用語では[ペルソナ]なんて言葉もあるので一度調べてみると勉強になりますよ。

簡単にいうとあなたのホームページに訪れて欲しい人を具体的に考えるということです。

あなたのサロンのターゲットは”誰?”

あなたは”誰”にサロンのホームページを見つけてもらい、読んでもらいたいですか?

エステであれば女性ですよね?

その人は何歳ですか?

何をしている人ですか?

どこに住んでいる人ですか?

何に悩んでいる人ですか?

フェイシャル?

ボディ?

フェイシャルならシミですか?たるみですか?シワですか?

さあ!じっくり考えてみましょう!

これ今日の宿題です。

あなたのサロンのホームページにたどりついてもらいたい人をじっくり考えて紙に書きだしてくださいね!

がんばっていきましょう!

LINEで送る
Pocket

LINE@で今すぐ情報GET!
LINE@登録はこちら