繁盛サロンの作り方

Blog

今すぐ客集客スタイルを成功させるためには(個別相談事例 金井様その7)

今すぐ客集客スタイルを成功させるためには

ホームページは制作するだけでは意味がない

金井さんはご自身では意識していませんでしたが[今すぐ客集客スタイル]は実際に行っていました。

それはホットペッパーとチラシ。しかし[今すぐ客]が知りたい情報が不足しているので集客できていません。

[今すぐ客]はたとえ安いメニューであろうと行ってみて後悔したくないのですよね。ですので様々な情報を知りたいとおもっています。

しかしこれらの媒体には[今すぐ客]が知りたい情報すべてをいれこむことができません。またすべてを入れ込もうとするとわかりにくくなってしまいます。

情報が不足している場合多くの[今すぐ客]は情報をホームページを見に行きます。しかしそこに求めている情報がないと予約や問合せは入りません。

しかし金井さんはホームページを持っていません。ご自身が気づいているようにホームページは現在のエステサロン経営には必須なのです。

ただ、闇雲にホームページを制作しても意味がありません。エステサロン経営・集客全体を理解し制作することが重要です。

そしてもう1つもっと重要なことがあります。インターネットの世界のことつまりSEOを含め様々なことを理解しないで制作すると検索順位はあげることはできません。

簡単にいうと誰も通らない道の前にお店を作ってしまうようなものなのです。つまり[欠陥ホームページ]。

多くのサロンが[運用できていない、集客できない欠陥ホームページ]を制作しています。

金井様にはこの部分を徹底的に理解してもらいホームページ制作を検討し始めました。

★ホームページ制作するときサロンオーナーがチェックしなければいけないこと(コラム準備中)

意識を変えるとエステサロン経営が変わる

[今すぐ客]に対して具体的にどんなメッセージをおくれば良いのか?そんな質問をもらいます。

基本的なパターンというのはあります。それをお伝えし必ず実行してもらいます。

そんなことを繰り返ししていくとお客様がどんな情報に興味があるかを金井さん自身が意識し自然とその情報をうちだせるようなるんです。

例えばたった一人の集客でも、来店してくれたお客様に対して「このお客様はなんでうちのサロンを選んでくれたのだろう?」と意識するだけで、次回[今すぐ客]にメッセージを送る内容が変わってくるのです。

小手先だけ変えたって何の意味もありません。仕事に対するやり方や意識を変えると結果が出てくるのですね!

エステテシャンとして現場にいた方の多くは、技術やお客様への対応能力というのは高い人が多くいます。でもそれだけだとエステサロン経営は成功しません。

仕事進めるにあたり意識の持ち方がとても大切です。私の面談は面談者の意識を変えることを意識して行っています。

金井さんはもともと能力が高い方なので意識改革をすることでその後はご自身で工夫してできるタイプなんですね。

[今すぐ客集客スタイル]って本当にうまくいくの?

[今すぐ客]集客スタイルと提案すると

「体験目当てのお客様ばかり集まるのではないですか?」
「過去に[今すぐ客集客スタイル]を行っていたが、2回目の以降の予約が取れなかった。顧客(固定客)にできなかった」
「お試し価格で来る人はもともと顧客にはならない。またお試し体験私の価値が下がるのでやりたくない」

色々なご意見が出てきます。金井さんもお試し体験メニューがあるものの心の中にはそういった思いがありました。

[今すぐ客集客スタイル]が上手くいくか、いかないか。

答えは「あなた次第です」

ただ、繁盛サロンは[今すぐ客集客スタイル]でどんなお客様が集まろうが顧客にする確率が非常に高いです。

顧客になるための仕組みづくりができています。

実際弊社の取引先には3,800円(税込)でフェイシャルの集客し、2回目のリピート率95%以上。

一人あたりの単価が施術・物販合計で50,000円以上で1ヶ月の売上がお一人経営で平均130万円とサロンもいます。

ちなみにもっと高いサロンもいます。皆最初からできたわけではありません。

どうやったら初めて来店してくれたお客様(見込客)が顧客(固定客)になってくれるかを研究し、他のサロンにはない魅力あるサロンを徐々に作り上げているのです。

それは技術だけはないのです。

どうやって[今すぐ客]との距離を近づけていくのか?

金井さんにも何度も伝えているように、来店してくれたお客様つまり見込客を何度もサロンに来店してくれるお客様にしなければなりません。

上記に書いたように繁盛サロンでは95%以上のリピート率を有しているところもあります。

前回の記事(事例その6)にも書いた

[男女関係例]
女性と知り合う→食事に誘う→飲み友達→距離を縮めていき→彼氏・彼女の関係

[サロンの場合]
今すぐ客来店(見込客)→2度目の来店→顧客(固定客)→ファン・VIP客

男女の関係のように、見込客との距離を近づけるには一体どうすればいいのでしょうか?

繁盛サロンは見込客がその場で次回の予約(2回目の来店)をして帰ります。その場でとらなくともすぐに見込客から連絡が入り予約が埋まります。

迷いの渦サロンは埋まりません。

実は繁盛サロンと迷いの渦サロンではこの[2度目の来店]してもらうための[意識]と[やっていること][やり方]が全く異なるのです。

同じエステサロンでも全く違います。

繁盛サロンは2回目の予約がとれるように仕組化され、迷いの渦サロンは2度目の来店があるかどうかは[運]なのです。

まずそれを達成するためには金井さん[意識]を変える必要があるのですね。

私は質問しました。

「初めて来店してくれたお客様(見込客)が喜んでもらうために、技術以外に意識してやっていることはありますか?」

つづく

[it_bnr]

LINEで送る
Pocket

LINE@で今すぐ情報GET!
LINE@登録はこちら