サロン経営コンサルティングお申込

繁盛サロンの作り方

Blog

スタッフ採用にあたり重要なこと

スタッフ採用にあたり重要なこと

スタッフ採用にあたり重要なこと

スタッフを採用するにあたり重要なことは、サロンオーナーの頭にある[こんなサロンにしたい!][こんな風に働いてもらいたい][働くことによってこんな風になってもらいたい]ということをまずは文章にすることです。

多くのオーナーはサロンでのやること、つまり業務内容だけを伝え、サロンオーナーの想いを伝えずに面接し採用します。

するとどうでしょう。

業務上になにか不満があると、雇用された側は「思っていたのと違う」「こんな職場だと思ってなかった」という捉え方をします。

そしてギクシャクがはじまります。

新しいスタッフを雇用する際、あなたの思いをしっかり面接で伝えていますか?

[経験]以外で採用基準にするべきこと

[経験]以外で採用基準にするべきこと

あなたが[経験]以外で採用基準にしているものはなんですか?

大手会社はSPI等を行なって最初の採用基準を定めています。

ですがサロンのスタッフを雇用するにあたって一番大事な採用基準はなんでしょか?

それは[チームワーク]です。

私も面接同席の際[チームワーク]に対しての考え方を応募者に確認します。

また、たくさんのサロンに関わってきましたが、[チーム]で仕事をする!という考えを持っているサロンは非常に上手く行っています。

サロンでよくありがちなのが、サロン内個人事業となっていくことです。

店長が力をつけ、売上をあげる。

店長についてお客様についてオーナーはほとんど何も知らない状態になる。

そのうちスタッフは◯◯さんは私のお客様。
私のお陰でサロンは売上が上がっている。
オーナーも売上が上がっているので目をつぶる。

でもその後必ず様々な問題が起きはじめます。

スタッフ採用もコンサルティングで変わります

スタッフ採用もコンサルティングで変わります

昨日は顧問先エステサロンのコンサルティング。

事業拡大のため7月に移転リニューアルオープンします。 現在はベッドが2台ですが、リニューアル後はベッドが5台。VIPルームや事務作業室も用意します。

集客についてはホットペッパーの上位プランを契約して結果もでているので心配はしていません。

重要な鍵は新しいスタッフの雇用です。

オーナーは今までスタッフを雇用した経験はありますが、採用基準を設定せず、面接もしっかり意識して行っていませんでした。

そのため、雇用したスタッフが繰り返し退社するという状況に陥っていたのです。

昨日のミーティングでは採用基準・条件等を確定し、社会保険労務士の最終チェックを受けた上で本格採用をスタートさせます。

今からどんな方が応募し、どんなサロンに変わっていくのか、とっても楽しみです。

 

このカテゴリーではアンブレグロウ株式会社代表の天笠がグーグルマイビジネスで日々発信しているお役たち情報を加筆・修正し公開しております。

エステサロン・ネイルサロン対象 2018年最新WEB集客セミナー

LINE@で今すぐ情報GET!

サロン経営コンサルティングお申込はこちら