サロン経営コンサルティングお申込

繁盛サロンの作り方

Blog

エステティシャンの採用・教育が変わればサロンは変わる

社労士を味方につける

アンブレラグロウ サロン 教育・採用コンサルティング:社労士を味方につける

このブログでも何度もお伝えしているよう、サロン経営の飛躍のポイントは採用と教育。

私もサロンの顧問として採用・教育を一緒に行っていますが、成功したサロンは一気に売上がアップします。

しかし、採用と教育には時間とお金がかかかります。

そこで、お金に関しては国が用意している助成金を活用してみるのはいかがでしょうか?

弊社の顧問先に対しても、助成金を活用することを推奨しています。

助成金の情報は厚生労働省等のホームページに掲載されていますので是非チェックしてください。

顧問先が使っている助成金として多いのが、人材確保等支援助成金などがあります。

助成金を活用するポイントは社会労務士さんと上手く付き合うこと。

顧問契約しなくても、スポットでコンサルや助成金の申請を成功報酬で代行してくれる社労士事務所があります。

助成金の申請には国の定めたルールや書類をしっかり作り込むことが必要です。

自分一人ですべてを行うことは困難です。

是非あなたもいい人材を採用するために助成金の活用をしてください。

弊社の採用・教育コンサルティングとは

エステティシャンの採用・教育が変わればサロンは変わる

顧問先のスタッフの定期面談を行いました。

サロンの仕事をしていく上で大切なこと。

それはオーナー・スタッフ全員が同じ方向をみて働くこと。

しかし、人は一人一人性格も違う、今まで生きてきた環境・経験も違う。

ましてエステ未経験の人を雇用した場合、現場のことも何もわからない。

教えても、すぐに吸収できる人・できない人。 状況は色々。

そして一人一人様々な想いをもって働いています。

また立場も違います。

オーナーが従業員に求めること・想い。

スタッフがオーナーに求めていること・想い。

店長が部下に求めていること・想い。

それらをしっかりとまとめ上げないといいチームづくりはできません。

また、人間なので些細な誤解や判断違いから、違う方へ進んでいくことが少なくありません。

そのためには何をしなければいけないのか?

それぞれの立場で感じている想いを受け止め、全員が前に進むようにする必要があります。

それが、私の教育コンサルティングの仕事です。

今回のオーナー・スタッフの個別面談は非常にいいものでした。

オーナーは自分の想いがスタッフに伝わっているか不安 。

スタッフもオーナーが自分たちを理解してくれているか不安。

なぜあのスタッフはこうなのか?

第三者が入ることで、想いを共有することができます。

皆、ちゃんと心の中では伝わっているのです。

私は面談していて思わず涙が出てきました。

良いサロンにしていきたいです!!

あなたはスタッフに対して「理念の共有」をしていますか?

エステティシャンの採用・教育が変わればサロンは変わる

顧問先のコンサルティング。

移転して2ヶ月弱。売上は順調です。

本日は新たなスタッフの採用二次面接。

オーナーが一次面接を行っており、私の最終チェックです。

技術はサロンで教えればできるようになります。

しかし、来店してくれたお客様に満足していただくには「技術」だけではダメです。

エステティシャンの仕事とはなんなのか?

お客様は何をもとめ、何に対してお金を払ってくれるのか?

それをしっかり分かってもらって働いてもらうことが大事です。

伝えることが採用する側の責任です。

これかっこよくいうと「理念の共有」になります。

あなたはスタッフに対してこういった話をちゃんとしていますか?

 

このカテゴリーではアンブレグロウ株式会社代表の天笠がグーグルマイビジネスで日々発信しているお役たち情報を加筆・修正し公開しております。
LINEで送る
Pocket

エステサロン・ネイルサロン対象 2018年最新WEB集客セミナー

LINE@で今すぐ情報GET!

サロン経営コンサルティングお申込はこちら