サロン経営コンサルティングお申込

繁盛サロンの作り方

Blog

エステサロン経営・開業はやめたほうがいい(2019年11月加筆・修正)

この記事を読んでいるという事は、あなたは現在エステサロンの経営をされているか、開業準備中、もしくは将来開業をなんとなく希望していらっしゃるのではないでしょうか?

※ネイリストの方も読んでいただいているかもしれません。

そんな方にいきなり「エステサロン経営・開業はやめたほうがいい」なんて水を差すような事を言ってしまってごめなさい。

ただ、決して経営・開業するな!と言っているわけではないということは最初にお伝えしておきたいと思います。

私は独立開業した経験がある身。

サロン開業前から、そしてすでにサロンを経営しているサロンオーナーとお会いして、その難しさを知っているからこそ本音でお話したいと思っております。

少し厳しい事をお話することになるかもしれませんが、開業というのはある意味では人生を左右する大きな決断だと思います。

だからこそ、あなたの悩みに真剣に向き合いたいという思いでお話をさせて頂きたいと思います。

 

この記事を初めて書いたときからかなり時間が経過しました。

再度記事を見直し、現在思っていることを書きたいと思います。

初めてこの記事を書いてから、サロン業界や集客方法も進化。

働き方改革などもあり、サロン経営は年々難しくなっていると思います。

そんな中でも、着実に飛躍されているサロンオーナー、新たなビジネスに取り組んで成功しているサロンも多くいます。

加筆・修正することで前後の文脈が繋がらない部分もあるかもしれませんが、見出しごと、読みこんでいただけるとたすかります。

あなたのサロン経営・開業準備、本当に大丈夫?

エステサロン経営・開業はやめたほうがいい

 

開業準備中のときって、とても楽しいですよね。

物件探して、色々メーカに連絡して、メニューなどを決めていく。

自分にどんな未来があるかワクワクする。

私も昔会社をやめて、会社を起こすとき同じでした。

自分の未来に対してワクワクしていました。

でも、多くの人が思い描いたような結果がだせません。

特にここ数年で開業したひとなら。

ご主人で食べさせてもら、お一人で開業なら問題ないでしょう。

私が伝えたいのは、スタッフを雇用し、事業としてやる場合のことです。

立地と集客方法、そして良いスタッフを雇用してスタートしないと取り返しがつかないことになる。

これが事実です。

たくさんの開業準備中のかたのコンサルティングを行なってきました。

そして現在も行なっております。※自宅サロン・お一人サロン開業は除く。

その中で多くの方が、開業するにあたり準備が不足しすぎています。

でもその気持はわかります。

私もかつてそうだったので。

競合店がどこにあり?どんなメニューをやっているのか?

ホームページ集客を目指すなら狙ったキーワードは上位に表記させることができるのか?

競合店のホームページのSEOはどうなっているのか?勝てる可能性はあるのか?

場所と店舗の名前を検索に入力した場合、地図が表示されるようにできるのか?

同じような名前のサロン名はないか?

ホットペッパーで集客を目指すなら、出稿した際、何番目に表示されるのか?

競合店は何番目に表示されているのか?

ホットペッパー以外の集客はどうするのか?

ホームページにアクセスを集めるためには何をするのか?

技術をやっている中でPC作業などの裏方はできるのか?

スタッフ雇用はどうするのか?

役割分担は?

経験があるだけで雇ってないか?

等々

事前にやることはたくさんあるのです。

でも多くの方が準備しているのはメニューや技術ののことばかり。

あなたがサロン開業を成功させるため、利益をしっかりあげるためには準備が非常に重要です。

エステ・ネイルサロンの開業・経営準備とは

エステサロン経営・開業はやめたほうがいい

エステサロン・ネイルサロンの開業だけでなく、ビジネスはスタートしてから気づくことって本当に多いんですね。

私自身も会社を経営しはじめてから気づいたことって山程あります。

昔の自分のことを思い出すと、「経営に対して無知」だったと恥ずかしくなります。

怖くなります。

だから開業前にあなたが、[準備が大切]と漠然といわれても、[準備が大切なことは分かっている]となってしまいます。

またちょっと厳しいことをいいますが、あなたの考えている[準備]と私がアドバイスしている[準備]は違うんですね。

私はあなたの気分を害す事が目的で、この記事を書いているわけではありません。

ただ、しっかりと現実と向き合うために正直にお話をしておきたいと思っているのです。

最近はネットで検索すれば座ったままで色んな情報を手にいれる事ができますね。

サロンについても近隣にあるサロンの件数程度の情報であればネット検索でいくらでも情報を得る事ができるでしょう。

ただ、サロン経営の難しさやつぶれてしまったエステサロン、セラピストの話などについてはネットだけで情報を得る事は難しいでしょう。

なぜなら自分の失敗談をわざわざネットで公開する人は少ないからです。

ましてやそれが経営の失敗となると余計にリアルな情報を手に入れる事は難しくなってきます。

難しいけれども、こうした情報から学ぶことはとても多く、ある意味では成功例を聞くよりも勉強になる事が多くあるとも言えるでしょう。

準備をしっかりせず、サロンを開業した後の実情

エステサロン経営・開業はやめたほうがいい

準備をしっかりしないで開業すると必ず直面することがあります。

それはお客さんが来ない。

お友達が1回2回ぐらいはご祝儀で来店してくれるかもしれません。

でも長くは通ってくれません。

どうやったらお客様が来店してくれるだろう??と迷い渦に入り込みます。

暇で暇でやることがないから、いろんなこと調べだしたり、タイミングよく営業電話がかかってきます。

そしてあらゆることに手を出しはじめます。

そこそこ技術はできるのに、更に技術のレベルをあげようとスクールに通ってみたり、

サロンビジネスと関係ない自己啓発やマインド系のセミナーに参加し始めます。

大抵な人が無駄なお金使います。

予約が入らないのに、5年契約で予約システムを入れたり、

オリジナルのアプリを作ってしまったり、無駄なお金ばかりかける。

ようやく私のような、本気で経営を教えてくれる人に出会ったときにも、すでに人間不信。

お金を使ってしまうので、習いたくても習えない。

そんな人をたくさんみてきました。

でも自分が無駄なお金を使ったとは認めたくはないので、自分自身で納得させます。

そこで埋もれる人・もしくはそこから何かをきっかけに這い上げってくる人に別れます。

ガッツのある人はそこから這い挙げってきています。

私はそんなガッツのある人を応援したいですね。

サロンビジネスを成功させるために意識しなければいけないこと

エステサロン経営・開業はやめたほうがいい

エステサロン・ネイルサロン・他のビジネスでも成功させるには原則があります。

それはこのホームページのトップにも書いてある

経営(収益)・集客(広告)・採用(教育)に意識をもつこと。

もしかしてあなたは「技術力は?」と思っているかもしれません。

「技術力」はエステティシャン・セラピスト・ネイリストにとって必要不可欠な能力であり持っていて当たり前。

美容師さんが髪の毛を上手に切れる、お寿司屋さんが寿司を握れる。

私がパソコンをすごく早く扱える。それとと同じです。

こういうことありませんか?

「◯◯◯さん、今日のボディの施術最高に気持ちよかった!本当にこの店選んで良かったわ!」

お客様からの最高の褒め言葉。

でもそのお客様は二度と来店しない。

エステサロンあるあるです。

技術力は絶対に必要。

でもそれだけじゃだめなんです。

 

あなたがサロン経営を本気でやるならば以下の3つをしっかりやっていくことが必要です。

・経営(収益)力をつける

簡単にいうと儲ける力です。キャッシュを残す力です。

財務的な話をすると経営とは粗利の獲得と分配です。

どうやって粗利を獲得し、どう分配(経費を使う)し、最終利益を残すのか?

粗利を獲得してその中から家賃・人件費・広告費を支払い最後に残るのが利益。

あなたは利益に対して人件費をどれくらい出すことができるのか?

広告費をどれだけ支払うのがベストなのか?

そういうことを知っていますか?利益をあげるのには一定のルールがあるのです。

どんぶり経営だけはサロン経営は長く続けられません。

・集客(広告)

先程も書いたように、サロンを開業して最初にぶつかるのが集客です。

経営の命である「お客様」。

サロンビジネス的にいうと「見込客」です。

どうやって見込客を増やすのか?考えていない。

技術をマスターするためにはたっぷりと時間とお金と意識を向けるのに、「集客」に対して意識が乏しい人がほとんどです。

「集客」について学んでないのに見込客を集められるわけがわけがありません。

勉強していないのに東大に入ろうと思っている。これと同じ。

「集客」に意識を向けない人は、ホットペッパー等ポータルサイトだけに頼ることになります。

ポータルサイトを頼ることが悪いわけではありません。

ポータルサイトで結果をだすためにも、「集客とはなんなのか?」基本を理解することが非常に重要です。

また時代が進化し、集客方法も変わってきました。

アメブロをかけばお客様が集まっていた時代もありました。

でも今はどうでしょう?

SNSが流行っている現在、インスタ広告なども有効に活用していくことが重要です。

・採用(教育)

ビジネスをたちあげると、一人ではなにもできるないことが嫌でも身にしみます。

一人でお客様集めて、技術して、広告して、ホームページ更新して、経理して、雑用やって・・・・

できるわけがありません。

お小遣い程度のビジネスを目的としているならいいですが、本当にしっかりを利益をあげたいならチームを編成するべきです。

そのために重要になることが「採用&教育」。

なぜ大手の企業が新卒者の採用に莫大なお金を先行投資するのでしょう?

それは企業にとって人材が宝だと分かっているからです。

人材によって、ビジネスが上手くいくかどうか決まるからです。

あなたはスタッフの求人、採用・教育についてどのように考えていますか?

経験者を雇用すればうまくいくと思っていませんか?

 

弊社が今一番力をいれている支援は「求人・採用・教育」です。

なぜか?

それはサロンオーナーが皆が悩んでいるからです。

そしてこの「人」の部分がよくなると、サロン経営は飛躍的に良くなるからです。

あなたのサロンにはスタッフの採用基準はありますか?

面接でどんなことを聞いていますか?

サロンのことをどう伝えていますか?

採用後どう育てていますか?

入社後どのように、仕事の指示をだしていきますか?

こういうことを考えずサロン経営をしているかたがほとんどです。

 

わたしは顧問先の面接に同席しています。

スタッフミーティングにも入っているところも多くあります。

それぐらい採用・教育というのが重要なのです。

こんなことを書くと私は一人でサロンをするから・・・

だから関係ない。そんなことを思っているかもしれません。

これはスタッフ(技術者)の雇用のことだけを言っているのではありません。

ビジネスはチームでやるものです。

技術者だけを雇うことだけをかんがえていませんか?

自分が苦手なことはチームを組んで他の人にやってもらうんです。

今は在宅で仕事をしている人が山程います。

POPを作ってれる人、事務をやってくれる人、経理をやってくれる人

広告の一切をやってくれる人・・・

チームを組んで仕事をするという意識をもってください。

私が顧問先になっている先はチームの一員として活動しているのです。

ブログのアップ等一切やらずに、外部にお願いしているサロンもたくさんあります。

求人、採用、教育に悩んでいるならば、私に相談してください。

経営(収益)・集客(広告)・採用(教育)に力をいれたサロンはどうなる

集客も「がんばって」いますか?

すでにサロンを経営し、弊社に問合せしてくださるオーナーは経営(収益)・集客(広告)・採用(教育)がどれだけ重要かということを身をもって体験しています。

・一人で順調に売上をのばしていたが、一人だと限界を感じた。疲れた。

・ホットペッパーからの集客が激減している。

・売上を順調に伸ばし、スタッフも増えて順調だった。しかしスタッフが育てても育ててもやめていく。

・採用してもすぐに辞めてしまう。

・売上は上がっているけどキャッシュが増えていない。

これらの課題も1つ1つを整理し、順番に課題に向き合えば必ずうまくいくのです。

多くのサロンオーナーは課題がなんとなくわかっていても、目の前のことで忙しく、課題を整理する時間がありません。

また自分自身の課題というのは比較的分かりづらいものです。

弊社の仕事の根幹は、それぞれの人の課題を見つけ・整理し・課題を解決方法をアドバイスすることです。

これを繰返し行なっていくと人ができるようになるのです!

勉強が苦手だった我が娘たちがだんだんと成長していくのとのまったく同じなのです。

こちらに「弊社のお客様の声」を一部掲載しています。

是非ご覧ください。

そして、弊社でお役に立てることがあったら気軽に声をかけて下さい。

応援しています。

アンブレラグロウ株式会社
代表取締役 天笠 茂

 

 

LINEで送る
Pocket

サロン経営コンサルティングお申込はこちら