サロン経営コンサルティングお申込

繁盛サロンの作り方

Blog

スタッフが働きやすい環境をつくるには?

サロン経営応援冊子「アンブレラ」の表紙のオーナーのその後

サロン経営コンサルティング:サロン経営応援冊子「アンブレラ」

弊社が発行しているサロン経営応援冊子「アンブレラ」。

写真のオーナーは現在、新潟と東京でサロン経営。

取材したときは、お子さんはいらっしゃいませんでしたが、その後ご出産。

子育てをしながら、サロンを経営されています。

素晴らしいですね!

多くのサロンでは結婚・出産適齢期の女性を雇用しています。

せっかくご縁あって一緒に働きだしたスタッフ。

優秀なスタッフには長く働いていもらいたいですよね。

そのために何をしていくべきなのか?

社会保険はもちろんのこと、在宅でできる業務に移行させるなど、様々なこと考えていく必要がある時代になりました。

新たなプロジェクトはスタッフへの説明をしっかりと

スタッフが働きやすい環境をつくるには?

本日は顧問先の会議に参加します。

オーナーとスタッフ6名。

今後スタートする新たなプロジェクトの説明会です。

すでに店長には説明済みですが、他のスタッフに対してもしっかり行います。

 

新しいことを実施する時には、 「○○○をやることになりました。理由は○○○です」 このような形で突然説明されたのでは、スタッフは困惑します。

そしてやらされ感をもち、新しいプロジェクトはなかなか起動にのりません。

なぜこのプロジェクトを実施するのか?

・お客様の視点
・スタッフの視点
・経営視点

様々な視点から説明することが大事です。

そして数字の根拠を見せながら説明する。

新しいことをする事で、スタッフが働きやすくなる、給料が上がる可能性がある等々、プラス面をしっかりと伝えることが大事です。

しかし、1回だけ説明してもすぐに受けいれないスタッフも多いと思います。

今のままでいいのではないか?

私達は目の前のお客様に一生懸命技術を提供している。

何がわるいのか?

 

新しいことを始めると必ず反感があるのです。

しかし、新しいことをはじめないと、事業は必ず行き詰ります。

経営者は変革をしていかないと、競合が多い中、生き残れないことがわかっています。

しかし、スタッフは違います。

普通の人は「新しいことをする」に拒否反応を起こすのが普通です。

これをわかった上で、どう新しいことを進めるか、とても重要なことです。

サロン全体ミーティングは必ず行いましょう

スタッフが働きやすい環境をつくるには?

顧問先のスタッフミーティングに参加。

今回は現在のサロン状況や今後新しくスタートする内容の伝達と意見交換です。

サロン業界では全体ミーティングをやっていないサロンが少なくありません。

これはスタッフの出勤のシフトの問題などいろいろありますが、必ず実施するべきです。

またスタッフにはミーティングや会議というもの自体経験がない人もいます。

なんのためにやっているか?

しっかりオーナーの気持ちや何を考えているかを伝えていくことがとても重要です。

このカテゴリーではアンブレグロウ株式会社代表の天笠がグーグルマイビジネスで日々発信しているお役たち情報を加筆・修正し公開しております。
LINEで送る
Pocket

エステサロン・ネイルサロン対象 2018年最新WEB集客セミナー

LINE@で今すぐ情報GET!

サロン経営コンサルティングお申込はこちら