サロン経営コンサルティングお申込

繁盛サロンの作り方

Blog

ホームページ制作を外部(制作会社等)に依頼するときのチェックリスト一覧

ホームページ制作を外部(制作会社等)に依頼するとき、どうやって依頼先を選んだらいいかわかりません。

そんな意見が多く出ていますので、今回は依頼先選定に必要なチェック項目をリストアップしました。

ここでお伝えするホームページ制作の目的は「集客」です。

しかし、ホームページを作ろうとすると、多くの方がデザインや内容のことばかり考え「どうやったら見つけてもらえるのか?」という「集客」が頭から抜けてしまう方が多くいます。

この大きな落とし穴に陥らないためにも、ぜひこのチェックリストをご活用ください。

そもそもWEBデザイン、WEB制作ってどこまでのこと?

そもそもWEBデザイン、WEB制作ってどこまでのこと?

ホームページを作ろうとする際の依頼先として、WEB制作会社やフリーランスのWEBデザイナーが候補にあがると思います。

ただし、WEB業界はレベルが本当~~に、ピンキリです。

また、WEBの理解が乏しい依頼主も多いので、いい加減な業者の言うことを信じるしかなかったり、受注側がそもそもSEOまでは理解がない上で「SEO対策します!」と言っている残念なこともあります。

例えば・・・

「WEBデザイン(デザイナー)」と一言でいっても、どこまでを含めるか、行ってくれるかは下記のようにまちまちです。

①見た目のデザイン(レイアウトや色や装飾などの素材)のみを作ること
⇒大手の制作会社内にいるWEBデザイナーはこの場合が多い

②見た目のデザイン+コーディング(WEB上で表示させる作業)までをおこなうこと
⇒フリーランサーや小規模事務所に多い

③上記+SEO対策(検索エンジン最適化)を含め運用まで考えた制作を行うこと
⇒企業の場合チームで対応してくれることが多い。でも大手だからやってくれるとは限らない。
フリーランサーでもそこを売りにしてしっかり行ってくれる人もいる。

 

WEBデザイナーの学校は主に②までしか教えてくれませんし、世の中のWEBデザイン・デザイナーの仕事はSEOは含まない②までという認識の場合が多いです。

 

しかし依頼側からすると、ホームページを作るなら③まで対応して欲しいですよね。

そうでないと、せっかくホームページができても、よく言われる「 砂漠の真ん中にお店を作ったようなもの」になってしまいます。

要するに、だれにも見つけてもらえない形だけのページになってしまうのです。

 

ホームページは作ってからがスタート

当然、作るホームページは③までを行ってくれる相手に、その後の運用までを考えて選ぶ必要があります。

とはいえ・・・

③のSEO対策もどういった対策をしてくれて、どういった対策はしてくれないのかは業者によってまちまち。

だからこそ、制作時のSEO対策とは何をしなければならなくて、この業者はどこまでしてくれるのか、ここは自分でもできる・・・などなど、依頼先を選ぶ際に細かなチェックが非常に重要になってきます。

このチェック一覧とその解説を判断基準としてぜひご活用ください。

ホームページ制作を外部(制作会社等)に依頼するときのチェックリスト

ホームページ制作を外部(制作会社等)に依頼するときのチェックリスト

0.契約書について
①契約書を交わすか

これは大前提の項目なのですが、意外と契約書がないままに進むことが多いようです。
言った言わないが一番揉めるので、契約書を作成してくれるところが必須です。
また、契約書のひな形があれば事前にまず見せてもらいましょう。

 

※この後の1~6の項目は契約書があることを前提にチェックしていく項目です。
各項目の解説はリンク先で詳しくご説明していますのでご確認ください。

1.サーバー、ドメイン、メール設定について
①サーバーとドメインの所有権は依頼主か依頼先かどちらになるか
②所有権が依頼先になる場合、何年で自分のものになるのか、またはならないのか
③ドメイン取得だけでなくドメインでのメールの設定も行ってくれるか
④独自SSL化(通信の情報を保護するhttps化)
2.デザインについて
①画像素材の知的所有権はどちらにあるか
②画像素材の納品データは完成データのみか、編集可能な形状のデータも含まれるか
③モバイルファーストで作ってくれるか
④Googleマップを埋め込んでもらえるか
3.制作時のSEO対策について
①SEO内部対策(構造の最適化)
②パンくずリストは設置してくれるか(階層構造をGoogleに理解させる仕組)
③タイトル、ディスクリプションを入れてくれるのか、自分で入れられるか
④XMLサイトマップの設置
4.運用・更新・運用時のSEO対策のための確認(ワードプレスの場合)
①ホームページ更新方法
↓以下はオプションとしてあるといい項目
②Google Analytics、Search Consoleを設定してくれるか
③運用もお願いするなら毎月のレポート報告を行ってくれるか
④データのバックアップはとってくれるかくれないか
⑤広告用のタグをいれてくれるか(有料か無料か)
5.SNSについて
①自社SNSアカウントとの紐づけを行ってくれるか
②拡散のための仕組み(OGPタグ)の設定はしておいてくれるか
6.予算について
①どこまでやってもらいたいのか(見た目だけ、SEO対策まで、運用までなど)
②制作予算をいくらかけられるのか
③運用費はどのぐらいかかりそうか(相手に頼む場合、自分でやる場合)

 

チェックリストは以上です。

詳しい内容は各項目をクリックしてご確認ください。

 

LINEで送る
Pocket

エステサロン・ネイルサロン対象 2018年最新WEB集客セミナー

LINE@で今すぐ情報GET!

サロン経営コンサルティングお申込はこちら