サロン経営コンサルティングお申込

繁盛サロンの作り方

Blog

ホームページ制作を外部に依頼するときのチェック項目5:SNSについて

「ホームページ制作を外部(制作会社等)に依頼するときのチェックリスト」のチェック項目5の解説ページです。

チェック項目

5.SNSについて
①自社SNSアカウントとの紐づけを行ってくれるか
②拡散のための仕組み(OGPタグ)の設定はしておいてくれるか

チェック項目解説

①自社SNSアカウントとの紐づけを行ってくれるか

自社SNSアカウントとの紐づけを行ってくれるか

ホームページはプル型のメディアです。ユーザーが訪れてくるのを待つのが基本です。

一方TwitterやFacebook、Instagram、LINE公式アカウントなどSNSはプッシュ型のメディアです。
フォローしてもらえれば、こちらから伝えたい情報を送ることができます。

両方を連携させれば相乗効果を狙えますので、必ずホームページと紐づけてもらいましょう。

その際、SNSへのリンクアイコンだけを設置してもらうのか、タイムラインをホームページに埋め込んでもらうのかなど、連携のさせ方も様々です。

例えばホームページ内のinformationは頻繁に更新しなさそうなら、Twitterのタイムラインを最新informationとしてみてもらえるようにTOPページに埋め込んでもらうのも有効です。

それぞれのSNSをどう運用するかを考えて対応してもらいましょう。

指示通りに設置してくれるだけでなく、アドバイスをしてくれる所がベストです。

 

②拡散のための仕組み(OGPタグ)の設定はしておいてくれるか

拡散のための仕組み(OGPタグ)の設定はしておいてくれるか

OGPとは、「Open Graph Protcol」の略でFacebookやTwitterなどのSNSでホームページのURLをシェアした際に、意図したタイトルやイメージ画像、ページ概要などを正しくシェアしてもらうためのHTML要素です。

主にfacebookとtwitterになりますが、これが設定されていないと例えばURLをツイートしても、URLだけで画像や説明文などが表示されなかったり、どのページも同じ内容になったり、画像が表示されなかったりします。

例えば下記のような状態です。

 

サンプル1)
TwitterのOGP「Twitterカード」の画像がうまく設定できてない場合のツイート例
※そもそもOGPが何も設定していなければURLのみの表示になります

TwitterカードNG例

サンプル2)
TwitterのOGP「Twitterカード」がしっかり設定してある場合のツイートの理想形

TwitterカードOK例

 

Twitterではサンプル2の「要約の大きな画像」が一番クリックされやすく効果的と言われています。

でもこれ実は、ホームページ側でOGP設定をしてないと出ません

せっかく誰かがホームページをシェアしてくれても、サンプル1のように画像が表示されなかったり、URL表示だけだったりすると目立たず効果半減ということになりかねません。

 

【おすすめ】

このSNS時代ですので、OGPは必ず設定し、できれば各ページごとに設定してもらいましょう。

 

またWordPressの場合、ブログの記事一つ一つもプラグインで簡単に公開時にOGP設定ができます。

これらも運用時に大事になってきますので、自分で設定できるのかなど聞いておくのがベストです。

<OGP設定チェック>
現状の自分のページがOGP設定されているかどうか(シェアされたときにどう表示されるか)は下記ページで確認できます。
URLを入れて確認してみましょう。

Twitter:https://cards-dev.twitter.com/validator
Facebook:https://developers.facebook.com/
※FBはまだシェアされたことがない場合は表示されません

 

 

LINEで送る
Pocket

エステサロン・ネイルサロン対象 2018年最新WEB集客セミナー

LINE@で今すぐ情報GET!

サロン経営コンサルティングお申込はこちら