サロン経営コンサルティングお申込

繁盛サロンの作り方

Blog

サロンのスタッフの採用・教育の悩みを解決する

サロンのスタッフの採用・教育の悩み

スタッフ雇用・育成のお悩み

今日は弊社のWEBセミナーに参加したサロンオーナーとのお試しコンサルティングでした。

オーナーは非常に力のある方でここ数年売上をかなり伸ばしました。

しかしスタッフが1名退社。

オーナーとパートスタッフでサロンを回すことになりでかなりの忙しさになっているとのこと。

今後このような働き方をしていてよいのか?といった思いから様々なことを考えていらっしゃいました。

オーナーの気持ちは、スタッフを新たに雇用し今からしっかりと組織づくりしたい。

そのためには何からやっていくのか?雇用方法は?社会保険はどうする?手狭なサロンでやっていけるのか?それらについて色々なことをアドバイスさせていただきました。

しかしこれはあくまでも[点]に対するアドバイスにすぎません。

本当にサロンを成長させるには[長期的な作戦の立案と実行]が必要です。

顧問契約を結び今後は継続的に支援していきます。非常に楽しみです。

アンブレラグロウ経営・開業コンサルティングについては[こちら]

スタッフ教育の経過と今後の戦略

スタッフ教育の経過と今後の戦略

昨日はネイルサロンの顧問先の面談&打合せです。

今月は打合せ事項が多いので3回お会いする予定。

今日のテーマの1つが3ヶ月前に雇用した2名のスタッフの試用期間が終わるので今後の教育方針です。

面接にも私が同席しているので責任重大ですね。

一人のスタッフは順調に育っていますが、もうひとりのスタッフは雇用後仕事ぶりに関して色々問題点もでています。

雇用した人が最初から完璧な状態ということはほぼゼロです。

ここからどう教育し戦力としていくのか?オーナーの気持ちを聞きながら方向性を決めました。

月末に雇用した二人のスタッフとオーナーと私が同席して面談を行います。

スタッフ採用・教育で大切なこと

スタッフ採用・教育で大切なこと

経営は収益、広告、採用、教育。

いくら集客に力を入れていても、来店してくれた見込客がサロンに満足していただき、リピーターになってくれなければビジネスとして成り立ちません。

サロンに満足するポイントは技術だけではありません。

技術は当たり前。

スタッフの対応でリピーターになるかどうかがきまります。

つまり、ご自身の教育も含め、採用・教育というのはサロン経営にとって非常に重要なことです。

昨日面談した顧問先のオーナーから今日は2度電話が入りました。

スタッフ教育についてです。現場で色々なこと起きているんですね。

スタッフにはそれぞれの考えや想いかあります。性格も絡んできます。

大切なことはサロンの採用基準と理念をしっかり決めて面接をすることです。

あなたのサロン採用基準を設定していますか?

「経験者」だけにこだわった採用基準の落とし穴

「経験者」だけにこだわった採用基準の落とし穴

サロンが新しいスタッフを採用する際にこだわることが「経験者」。

「経験者」にこだわる理由はすぐにお客様対応して売上を上げてもらいたいからですね。

確かにとても重要なことです。

しかし、技術経験が素晴らしい人と思っていざ採用してみると、「思ったような人」ではなかった。ということがよくあります。

あなたも経験があるかもしれません。

では一体経験にプラスして何を採用基準にしたらよいのでしょうか?

多くのサロンはこの部分を設定していません。ですので採用しては辞め、採用しては辞め、という悪循環を繰り返すことになります。

 

このカテゴリーではアンブレグロウ株式会社代表の天笠がグーグルマイビジネスで日々発信しているお役たち情報を加筆・修正し公開しております。
LINEで送る
Pocket

エステサロン・ネイルサロン対象 2018年最新WEB集客セミナー

LINE@で今すぐ情報GET!

サロン経営コンサルティングお申込はこちら